Raspberry Pi発酵槽でビール仕込みに挑戦!

crafts ラズパイでクラフトビール発酵槽!

どうも、発酵おじさんです。

Raspberry Piでクラフトビール発酵槽を開発していましたが、ひとまず最低限の機能を作れたので満を辞してキットの仕込みを行いました。

今のところ機能として、以下のことができるようになりました。

  • 発酵水温の取得
  • Webサーバーへのデータ送信
  • Web上でリアルタイムにグラフ化(このページの下にあります)

ここまでの技術情報に興味がある方は、無料で公開していますのでこちらをご覧ください。

さて、仕込みですが実は今回が初めてなので、あまり自身はないです。美味しくできればいいなぁ。ちなみに、日本ではアルコール度数1%以上の醸造には免許が必要です。仕込みはアルコール度数1%未満になるようにキット付属の注意事項に従って麦汁の濃度を調整してくださいね。

発酵温度のリアルタイムチャート(発酵水温は22度設定にしています)

2019.7.1 朝から発酵温度が急に上がり始め、最終的には25.5℃にまでなってしまいました。昨日から外出していたので原因はわかりませんでしたが、温度が上昇するのは、扇風機が壊れたか、水が干上がったか、のどちらかだろうと。

買ったばかりの扇風機が壊れてたら嫌だなぁと思いつつ、夜に帰宅して確認すると、水が干上がっていました。。扇風機セーフ!そして改めて「気化熱」ってすごい!!

今回は水が干上がったせいで、水温が上昇しましたがギリギリ発酵適温の範囲で収まってくれていました。トレイに水を足したので、これからまた温度が下がってくれるはずです。