Raspberry Pi発酵槽でクラフトビール

Raspberry Pi発酵槽でビール仕込みに挑戦!

投稿日:2019-06-30 更新日:

どうも、発酵おじさんです。

Raspberry Piでクラフトビール発酵槽を開発していましたが、ひとまず最低限の機能を作れたので満を辞してキットの仕込みを行いました。

今のところ機能として、以下のことができるようになりました。

  • 発酵水温の取得
  • Webサーバーへのデータ送信
  • Web上でリアルタイムにグラフ化(このページの下にあります)

ここまでの技術情報に興味がある方は、無料で公開していますのでこちらをご覧ください。

さて、仕込みですが実は今回が初めてなので、あまり自身はないです。美味しくできればいいなぁ。ちなみに、日本ではアルコール度数1%以上の醸造には免許が必要です。仕込みはアルコール度数1%未満になるようにキット付属の注意事項に従って麦汁の濃度を調整してくださいね。

発酵温度のリアルタイムチャート(発酵水温は22度設定にしています)

chart of results

2019.7.1 朝から発酵温度が急に上がり始め、最終的には25.5℃にまでなってしまいました。昨日から外出していたので原因はわかりませんでしたが、温度が上昇するのは、扇風機が壊れたか、水が干上がったか、のどちらかだろうと。

買ったばかりの扇風機が壊れてたら嫌だなぁと思いつつ、夜に帰宅して確認すると、水が干上がっていました。。扇風機セーフ!そして改めて「気化熱」ってすごい!!

今回は水が干上がったせいで、水温が上昇しましたがギリギリ発酵適温の範囲で収まってくれていました。トレイに水を足したので、これからまた温度が下がってくれるはずです。

-Raspberry Pi発酵槽でクラフトビール

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Raspberry Pi でクラフトビール発酵装置を作ろう!

発酵に大切なものといえば、 「発酵温度」 発酵が適正範囲より高くなってしまうとオフフレーバーと呼ばれる臭みができたり、適正範囲より低くなってしまうと発酵が進まずに美味しいビールができません。 外出先か …

連続運転の結果、冷却扇風機が壊れました。

頑張ってくれていた冷却扇風機が壊れました。 2日間でしたが、ありがとう。 扇風機の能力を増強しました。 超静音!

Raspberry Pi発酵槽でクラフトビール!

ビールって自分で作れるのかな? 唐突にビールを作ってみたいなと思い、調べていくうちに色々とビールの奥深さを知りました。 同じ酵母でも「発酵条件」で味が変わるみたいですね。 え!? ということは、発酵条 …

夏場の発酵水温テスト

2019/6/23 23:07開始目的:夏場の水温変化を確認すること濡れたタオルを発酵槽に巻き、水道水を満たして水温をモニタリングする。22℃以上で扇風機リレーがONするように設定した。5分に一回、温 …