Raspberry Pi発酵槽でクラフトビール

Raspberry Pi発酵槽でクラフトビール!

投稿日:2019-06-22 更新日:

ビールって自分で作れるのかな?

唐突にビールを作ってみたいなと思い、調べていくうちに色々とビールの奥深さを知りました。

同じ酵母でも「発酵条件」で味が変わるみたいですね。

え!?

ということは、発酵条件記録をきちんと記録しておかないと、同じレシピでも同じ味を再現できないのでは?

ということで

「じゃあまずはビールより先に高性能なMy発酵槽を作ろう!!!」

と思い立ちました。

なにより、発酵の過程をリアルタイムに追っていけると、楽しみも増すはずですよね!

特に最近では「Raspberry pi」や「Arduino」など格安でモニタリングや制御ができます。これを利用しない手はない。

この企画では、Raspberry piを使って発酵槽の製作をしていきたいと思います。

コンセプトは「簡単に手に入るもので安く作れること」です。
思いつく限りで、欲しい機能も考えてみました。

  • 発酵槽内温度のオンラインモニタリング
  • 発酵槽の温度調節機能(加温・冷却)
  • 非定常な発酵槽条件制御(発酵時間と共に温度を変化させていく)
  • 発酵速度のオンラインモニタリング
  • 発酵槽外温度・湿度などのオンラインモニタリング

実現を目指して、これから少しずつ進めていく予定です。ご期待ください!

最後に、言い忘れましたが日本ではアルコール度数1%以上の醸造は法律で禁止されています。家庭で作る場合は必ずアルコール度数が1%未満になるように麦汁濃度の調整を行ってくださいね。

-Raspberry Pi発酵槽でクラフトビール

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏場の発酵水温テスト

2019/6/23 23:07開始目的:夏場の水温変化を確認すること濡れたタオルを発酵槽に巻き、水道水を満たして水温をモニタリングする。22℃以上で扇風機リレーがONするように設定した。5分に一回、温 …

Raspberry Pi でクラフトビール発酵装置を作ろう!

発酵に大切なものといえば、 「発酵温度」 発酵が適正範囲より高くなってしまうとオフフレーバーと呼ばれる臭みができたり、適正範囲より低くなってしまうと発酵が進まずに美味しいビールができません。 外出先か …

連続運転の結果、冷却扇風機が壊れました。

頑張ってくれていた冷却扇風機が壊れました。 2日間でしたが、ありがとう。 扇風機の能力を増強しました。 超静音!

Raspberry Pi発酵槽でビール仕込みに挑戦!

どうも、発酵おじさんです。 Raspberry Piでクラフトビール発酵槽を開発していましたが、ひとまず最低限の機能を作れたので満を辞してキットの仕込みを行いました。 今のところ機能として、以下のこと …