未分類

python仮想環境の使い方 [venv]

投稿日:

pythonでプログラムを作っていると、インストールするパッケージがどんどん増えて、どのプログラムにどのパッケージが必要なのかわからなくなってきます。

そうなると、プロジェクトごとにまっさらな環境を用意したいと思いますよね。これを実現できるのが仮想環境です。

仮想環境をvenvで作ってみる

python 3.3以降では、venvという仮想環境を構築するツールが標準で付いているようなので、新しく何かをインストール必要はありません。

python3のインストール方法はこちらの記事に書いてあります。

さっそく、venvを使ってみる。

まずは、ターミナルからプロジェクトのフォルダに移動して、

cd (フォルダのパス)

このプロジェクト専用の仮想環境を作成します。

python3 -m venv (作成する仮想環境の名前)

仮想環境で作業する

仮想環境の作成ができたら、これを有効化することで仮想環境内で作業することができます。

source (仮想環境の名前)/bin/activate

仮想環境にパッケージをインストールしたい時には、仮想環境を有効にした状態で通常と同じようにpipコマンドでOK。

仮想環境から抜けたい時には、以下のようにします。

deactivate

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

python3.5を3.7にアップデート中にハマったメモ[Raspberry Pi]

私のRaspberry piには、python3.5が入っていましたが、version 3.6以降で対応している機能を使いたいと思いpython 3.7にアップデートしました。 ソースをダウンロードし …

no image

Python3 インストール[Mac]

python2がインストールされているのだが、なぜかpipが通らない。この際だからpython3をインストールし、デフォルトとした。 バージョンの確認 python –version わたしの環境で …

no image

Raspberry Pi Zeroをモニター、マウスなしで設定する方法

クラウドファンディングに向けて、昨日からRaspberry Pi側の設定を別のPCからできるように簡単なWebアプリを作っています。 ここで問題なのは、購入してくれた方がモニターなしでどうやってWiF …